超過保護で過干渉な親を持つ一人っ子の私が29歳で一人暮らしを始めるまで

Memory

超過保護で過干渉な親を持つ一人っ子の私が29歳で一人暮らしを始めるまで


実家から飛び出して3年が経ったさぁたんです!

超過保護で過干渉な親(俗に言う毒親)がいる実家暮らしから離れて一人暮らしをしたいと考えている女性、多いことでしょう。

考え方は人それぞれですが、私は一人暮らし経験としては男女共に必要だと考えています。

結婚となればそれは尚更必要です。
むしろ一人暮らしの経験がない人は結婚したらだめです!

なので今回はその解決策として、超過保護で過干渉な親から離れて私が一人暮らしをするまでの事をお話ししていきます。

解決策として結論から先に申しますと…

一人暮らしを迷っているなら速攻で行動したほうがよい

ということです。

この話に行く前に一個一個説明していきますのでお付き合いしていただけたら幸いですm(_ _)m

過保護、過干渉な親

過保護、過干渉な親

私は一人っ子で、両親からかなり大切に育てられ超絶過保護な家庭で育ちました。

毒親という言葉がありますが、毒親とまではいかないが毒親と紙一重な過保護家庭です。

学生時代は遊ぶ友達も親が了承した友達としか遊べず、門限もうるさく自由に友達と出かけたりできず、高校は自転車で40分の距離でしたが心配した親が送迎をしてくれていた為帰りに寄り道することもなく、窮屈な学生時代を過ごしました。

上記の様な過保護な両親、小中高の12年間クラスや学年を通していじめられていたこともあり、性格はネジ曲がりうつ病のような状態が続き、より一層根暗が増し、友達は昔から理解してくれていた幼馴染しかいませんでした。

社会人になる時も、実家から通える範囲で就職をするよう親から言われていたため、実家からは通えない都市部の建築事務所で内定もらっていましたが断り、田舎の実家から通える範囲で就職し、実家暮らしが続きました。

職場は車で片道1時間、通える距離ですが残業もあるので何年も続くと辛くなってきます。

別の職場で通勤片道2時間の職場の時は、毎日始発終電の生活。

いくら遠くても一人暮らしは許されません。

実家暮らしはストレスですが、専業主婦の母親が何でもしてくれるので甘えていました。

友達とも気軽に遊べない

友達とも気軽に遊べない

実家暮らしなので家のルールに従わないといけません。

出かける際は何時から何時まで誰と何処に出かけるのか予め申請が必要です。

親が知らない友達では外出許可が降りないし、夜も7時には帰っていないといけません。

親に言ってない女友達や男性と出かける際は、いつも特定の友達の名前を出して出かけていて、偽り外出していました。

最初は馬鹿正直に男性と遊びに行く際も申告していましたが、どんな相手であろうと反対され説教されるので言えません。

親に内緒で交際

親に内緒で交際

でも20代半ばで初めて彼氏ができ、今のままではいけないと思いました。

彼氏の存在は常に親には内緒で、家ではずっと彼氏がいないように振る舞っていました。

友達と出かけるのは別に19時帰宅でも問題ありませんでしたが、彼氏とデートとなると外出頻度も増え、19時帰宅も窮屈になり、段々親にばれないようにデートするのも難しくなってきました。

好きな人だと家でも電話をしたくなるし、LINEの頻度も増えてくる。

でも実家ではメールやLINEの内容は親に見せないといけないし、電話も親にバレるとしつこく詳細を聞かれる。

自室でLINEや電話をすればいいだろう、と思うが、私が自室にいけば親が必ずついてくるし、実家で1人になることは昔から無理でした。

だから、親がお風呂に入っている間にこっそり電話、買い物に行くと言い外で電話。

でも、親の監視のもとでバレずに交際することはやはり無理で、バレる。

親に紹介したこともあるが、結局うまくいかず強制的に別れるか、振られるかの繰り返し。

実家にいる間は親が気に入る相手でないと付き合えない、そしてそんな相手はいないと悟りました。

一人暮らしを決意

実家暮らしで親の管理下で親の言いなりになっていることが苦痛になってきました。

両親が古い考えの為、家を出るのは結婚をした時、同棲は禁止。

でも、実家暮らしでは彼氏と交際を続けることすら難しい。

私の場合、実家暮らしのまま結婚することは不可能です。

もともと、結婚するまでに一人暮らしの経験は必須だと考えていました。

実家暮らしで専業主婦の母がいるため、私は家事が全くできないままだし、結婚するまえに自活能力が必要だとはわかっていました。

ある時、何気なく賃貸アパートを検索したら、丁度良い条件の物件に空きが出る予定でした。

即刻内見をお願いし、そのまま契約も通り、ひっそりと自活計画が進みます。

一人暮らしを親に反対される

一人暮らしを親に反対される

アパートの本契約をすませてから親に部屋を決めたことを告げました。

当然反対されました。

『結婚をするわけでもないのに家を出るなんて近所になんて思われるか、恥知らず!』

『実家から職場まで通える距離(車で片道1時間)なのに、一人暮らしする意味ない』

『〇〇県で一人暮らししているなんていない!』

『実家暮らしをしないなんて親不孝者!』

『お前なんてもう知らん!二度と敷居をまたぐな!帰ってくんな!』

『育て方を間違えた・・・』

などなど色々言われましたが、私は結婚するまでに自分で生活できるようにしたい、自活したいの一点張り。

1ヶ月ほど揉めましたが、結局無理矢理家を出る形になり、親も諦めました。

自活計画スタート

自活計画スタート

29歳になった翌月から一人暮らし開始。

実家から持ってこれるものはないので、家具家電はすべて貯金で揃えました。

アパートの契約金なども合わせて、100万程かかりました。

実家暮らしで貯金は多くないけどある程度あったので、これからの自由のために使います。

一人暮らし始めてしまえば親も完全に折れて、結果、良い距離感を保てています。

親に許可もらわずに外出できる、自由に遊びに行けるし、自由に彼氏と会えるし電話もできる。

パラダイスです。

自分の給料でやりくりする経済観念も身につき、料理もできるようになり、自活生活成功です。

よく、一人暮らし始めると実家ぐらしの有り難みを痛感すると言いますが、それは確かに感じましたが、だからといって実家暮らしに戻りたいと思ったことはありませんでした。

一人暮らし2年で結婚

一人暮らし2年で結婚

一人暮らしを始めたことにより、堂々と婚活できるようになり、結婚相談所にも入会して、実家を出てわずか2年で結婚に至りました。

アラサーで焦っていたこともあり、動き出したら早かったですね。

一人暮らしを迷っているなら行動したほうがよい

一人暮らしを迷っているなら行動したほうがよい

これが本題ですね!

冒頭でも言いましたが、一人暮らしを迷っているなら行動したほうが断然よいです!

私のように親が過保護、過干渉で一人暮らしを考えている方。

もし迷っているのなら思い切って一人暮らししたほうが解決するかもしれません。

いえ、強引でもいいので家を出るべきです!!

毒親でしたらその親から離れるのが一番ですが、愛情ゆえの過保護過干渉なら強引に決めてしまっても、やはり親は子を心配なので絶縁しなくても家を出て距離を取ることで、上手くいくかもしれません。

私はそうでした。

そうすることで私は自由になれましたし、今では幸せに暮らしています…将来の不安は拭いきれませんが、おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。
※…あれ?どっかで聞いたセリフ…?魔女の…コホンっ

私の体験が少しでも役に立てればいいなと思います。

少しでも参考になれば幸いです(*´ω`*)

最後までご覧いただきありがとうございました、次回も見てくださいね。ノシ


[Twitter]
https://twitter.com/shaorim_freedom

Memory
スポンサーリンク
シェアする
さぁたんをフォローする
さぁたんlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました