【婚活体験談】今の旦那氏に出会うまで

Memory


さぁたんです!

 

婚活時代、変な奴ばっかり引き当てていた管理人。

結婚後にちょいちょい思い出してつぶやいていたので振り返ってみました。

ツイッターでの振り返り・・・

結婚相手の条件

婚活時代、私が挙げていた条件は以下の通り。

 

婚活初動(結婚相談所1回目)

・年収400万程度(当時自分の年収が400万以上あったので同レベルの人)

・同県

・正社員

 

婚活終盤(結婚相談所2回目)

・年収350万以上、

・同県

・正社員

・社会人なってから一人暮らし経験があり、家事など自分の世話が自分でできる人

・発達障害でない人

・一般常識がある人

 

最初はフワッとした条件でしたが、婚活をし色々な男性と出会っていくにつれ条件が変わっていきました。

結婚相談所へは別の相談所へ2回入会しました。

結婚相談所での活動期間は合わせると2年ほど。

1回目の相談所では結婚条件の聞き取りはありましたが、だからといって条件にあった男性が紹介されるわけではなく、色々な方が紹介されました。

正直に言って、変な男性多かったです。

結婚相談所1回目から2回目でなぜ条件を変えたのか?

次に書いていきます。

ダメンズ・・・?エピソード

Episode.A~プロフィール詐称(勤め先が違う、年収が嘘など)

転職を毎年のように繰り返しているため、一々勤め先を更新していない。

転職の理由は人間関係、自分探し、、、だそう。

結婚相手を探しているのにそんな理由で転職を繰り返している男性に好印象を抱くわけない。

Episode.B~実家暮らしで一人暮らししたことがないのに、結婚したい、子供がほしいと望まれる

私は仕事が好きなので、結婚後、子供ができた後も正社員で働き続ける予定なので、共働き希望。

つまり、男性も家事能力を求める。

自分の給料でやりくりしたことがなく、自分の世話を自分でできない男性との結婚は望まない。

そこそこ給料あって、一人でやりくりできているのにそんな男性ならば必要ないと当時は思った。

Episode.C ~話が通じない、人の気持ちが通じない、もしかして発達障害?

本人は無自覚、半年ほど交際したが発達障害ではないかと疑いたくなるような事ばかり。

話が長い、要点を得ない、結局何を言っているのかわからない。

何か失敗したら自分を守るための嘘を日常的につく、隠す(すぐバレる嘘、職場でもそうらしい)

物忘れが激しく、何気ない雑談もすべてメモ。

人の気持ちがわからない、通じない。

決定的だったのが、一人暮らしの私の部屋の棚に置いてあった郵便物に記載されていた実家住所を見て暗記していたらしく(安易に棚に置いていた私の失態)、後日、彼の母親に私の実家住所、私の一人暮らしアパート住所、私の携帯番号を私に内緒で教えていた(また後日、偶然発覚)

そして、彼両親は私の実家を偵察にきたらしい。

色々無理過ぎて、私には手に負えないし、責任とれないと逃げた。

あとがき

他にも色々ありますが、私の体験談を書いてみました。

少しでも参考になればと。。。

終わりよければ全て良し!

今は最高の旦那氏を捕まえたので、笑えるネタとなってますw


 

最後までご覧いただきありがとうございました、次回も見てくださいね。ノシ


[Twitter]
https://twitter.com/shaorim_freedom

Memory
スポンサーリンク
シェアする
さぁたんをフォローする
さぁたんlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました